DVDの買取は高額買取の中古じゃぱんがオススメ

中古じゃぱん

ご自宅に要らなくなったDVDはありませんか?また不要になったそれらを処分する時はどうしていますか?

お金を出して購入したものですし、思い出があるものもたくさんあると思いますが、部屋や押し入れなどの物置のスペースをいつの間にか、DVDに占領されている方も沢山おられるかと思います。

そこで、お勧めなのがDVDを買取してくれる中古じゃぱんに買取をしてもらう事をオススメします。

迅速な振込みを行ってくれるというのはとても助かりますし、送料や手数料も無料で、高額買取をしてくれます。

そして何よりもインターネットリサイクルショップによくある商品を送ってから査定額を下げられるケース。中古じゃぱんはそのような事はありません。商品を送る前に商品の情報を送れば、買取価格をメールで教えてくれて、その買取価格を保証してくれるのです。

このような安心して買取を行ってくれるDVDの買取ショップであれば安心して取引もできますし、不要なものも誰かの役に立てるのではないでしょうか。

中古じゃぱんは、高価高額でのCD・本・DVDの買取りが当然なのですが、忙しい方々の事を考慮しており、Webからの買取り査定申し込みには、24時間365日年中無休での受付されておりますので、ぜひご活用ください。

田村ゆかり LOVE LIVE I Love Rabbit

田村ゆかり LOVE LIVE I Love Rabbit

2月26日の感動がついにBlu-rayとして登場。

2013年の1月末より始まった、田村ゆかりの『LOVE■LIVE *I Love Rabbit*』。全国6ヶ所で8公演を果たしたこの冬ツアーは、2月26日で幕を終えたその千秋楽である横浜アリーナでの公演を収めたものが、本作である。

田村ゆかりにとって、実に2年ぶりであった横浜アリーナでのライブ。最新アルバムを得てリストが一新された経緯もあったが、彼女のアイドルとしての原点と言っても過言ではない80年代を彷彿とさせるような舞台は、前回の公演に負けず劣らず最高のショーとなった。

そしてライブを彩った楽曲達は「マイアイボーダー」「太陽のイブ」「Super Special Smiling Shy girl」などを筆頭に、アンコールも含めた全25曲271分という大ボリュームへと仕上がった。もちろん見所はそれだけではなく、ツアー中の彼女を追いかけたオフショットやドキュメンタリー宛らのメイキング映像も必見となっている。

更に、聖子ちゃんカットで登場するショートムービー「ヤングスターの星」というファンにはたまらない映像も収録されており、『アイドル』田村ゆかりをたっぷりと堪能できる仕様となっている。

BUMP OF CHICKEN II

BUMP OF CHICKEN II

人気ロックバンドが放つベストアルバム。若者を中心に多大な支持を集めるロックバンドBUMP OF CHICKEN。Vo.藤原基央の紡ぐ独特なストーリ性を持つ歌詞と、胸の奥に柔らかく突き刺さるような歌声で、数々の名曲を世に生み出してきた彼らの13年にわたるバンド史が刻まれたベストアルバムが発売された。

バンドの成長と共に変化したファン層に合わせて、彼らの歩んだ歴史を2つに分割した二部構成の後篇にあたるBUMP OF CHICKEN II [2005-2010]では、初期衝動溢れるバンドの方向性を一転させたところから始まる。

このころから彼らの作品は、リスナーに現実を突きつけるような初期の楽曲から、隣に寄り添う温かみを帯びた作品が増える。初のCMタイアップ(LOTTE「airs[エアーズ]CMソング」)となった、「涙のふるさと」や、映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」主題歌の「花の名」は、それを如実に表現する。それでも彼らの根底にある独自の世界観は決してぶれることなく存在することを、旧来のファンも確認することができるだろう。方向性の転換は単なる一本道の開拓ではなく、バンドとしてのパフォーマンスが枝分かれしたと言ってよいだろう。

2007年に同時発売されたシングルがオリコン初登場1位・2位を独占するなど、『ロックバンド』から『トップアーティスト』へとステップアップを遂げた時期の楽曲を中心として構成されたアルバムである。

マンガの食卓

マンガの食卓

マンガ解説者として名の知れている新保信長こと南信長の著書、「マンガの食卓」。

こんなに読んでて食べたくなる本は他にあるだろうか。この著書は非常に深い内容である。

ありとあるゆるマンガを知り尽くした南信長が、マンガに登場する「食」だけに着目したおいしいマンガガイドの決定版である。

マンガ好きな人なら勿論のこと、グルメに目がない人が読んでも非常に面白い一冊となっている。所々に挿絵も付いている為、読書が苦手な人でも楽しみながら読むことが出来る。「あのマンガに登場する料理は何故おいしそうに見えるのか?」をテーマに、ありとあらゆるマンガに登場する食を語りつくしている。

グルメマンガだけではなく、様々なジャンルの漫画にちょっとだけ登場する食べ物について解説しているのがまた面白い所だ。「ギャートルズ」のマンモスの肉や、「タッチ」の南ちゃんの手料理、高橋留美子作品の食卓のシーンの多さなど、約登場作品は200以上、有名作品も登場している。

カバーイラストは五十嵐大介が描きおろしをしている。この一冊を読めばお腹が減っていなくても読み終わった頃は美味しい物を食べたい気分になることは間違いないだろう。読めばきっとこれから漫画の読み方も変わることだろう。是非一度読んでみてくださいね。

大人の発達障害ってそういうことだったのか

大人の発達障害ってそういうことだったのか

発達障害は、今子供だけではなく大人でも珍しくない障害の1つである。

この「大人の発達障害」について、2人の精神科医が対談を通して、徹底的に討論し、それを一冊にまとめたのが「大人の発達障害ってそういうことだったのか」である。

実際に発達障害と精神疾患は微妙なボーダーラインであり、大人になり社会に出た所で初めて人と違う事に気が付く人も多いと言われている。そして社会生活が上手く送る事ができない為、精神科で診察を受けた時に精神病の一種と判断された患者は間違った治療を受け続けているケースも少なからずあるだろう。

発達障害は統合失調症やうつ病とひとくくりに判断してしまうことに、疑問を感じている医師や患者は多いであろう。しかし患者の症状をだけを見て精神疾患であるか、自閉症であるか、それを一度の診察だけで判断するのは困難であり、投薬も非常に難しく、そんな臨床現場での医師の疑問や、悩みなどを様々な立場で活躍する、

臨床家二人が紐解いていく対談録になっている。「大人の発達障害」についてここまで真っ正面から捉えて、分かりやすく解説されている本も少ないだろう。

実際に医師から、発達障害をうつ病の延長だとして現在も治療を受けている患者が後を絶たず、そういった現状にも鋭くメスを入れた作品ともいえるであろう。是非一度読んでみてくださいね。

i’mperfect

i’mperfect

凛として時雨は、男女3人で結成されている日本を代表するロックバンドである。

2002年に結成され、解散・脱退などの時を得て3人で活動。2008年12月24日に発売されたシングルCDをもって、ソニー・ミュージックに移籍しメジャーデビューとなるのだ。更に2010年9月22日に販売された、スタジオアルバムは初となるオリコンアルバムチャート1位を獲得するなど輝きを見せたのである。

メンバーの一人一人が、ソロ活動をしながらライブイベントをしたり、教則本DVDをリリースしたりなどと順調。そして2013年4月10日に、約2年半ぶりとなるスタジオアルバム「i’mperfect」をリリースし今話題となっているのだ。

凛として時雨のスタジオアルバムは、5枚目となり「i’mperfct」は海外でもリリースされる予定である。4月には台湾、6月には欧州全域で販売される期待のアルバムでありオリコンチャート1位を獲得したアルバムから、2年半振りとあって全9曲も収録されている待望のニューアルバムなのだ。

凛として時雨の、男女3人のツインヴォーカルの3ピースハーモニーのロック感が魅力となるCDアルバムである。

Acid Black Cherry TOUR 『2012』

Acid Black Cherry TOUR 『2012』

技巧派ロックバンドとして一時代を築いた「Janne Da Arc」そのボーカリストであるyasuのソロプロジェクト、「Acid Black Cherry」声帯のう胞により活動休止していた彼がついに復活。

復帰第一弾アルバムである「2012」は、オリコンウィークリーアルバムランキング初登場1位を記録!そのアルバム「2012」を引っ提げ5月にスタートした全国ツアー。

その中で7月20日に行われた日本武道館でのファイナル公演を映像化。復帰シングル「Re:birth」、5週連続リリースとなった「ピストル」や「CRISIS」、「イエス」は勿論、アルバム曲も全曲収録。そしてLIVEの定番である「チェリーチェリー」や「Black Cherry」も収録。

ファンに好評のアットホームで楽しいMCや、特典映像といて、ツアーのオフショットも収録されている。

壮大なステージで、時に妖艶に、時に男らしくyasuが歌い上げるLIVEは、音楽を超えた映画の様な、ミュージカルの様な、エンターテイメントである。

オフショットでは、サポートメンバーの素顔や、アーティストではなく、一人の林保徳としてのリラックスした表情も知ることが出来る。日本のロックの最前線を感じられる、見所満載のDVDがついに発売。

パリの恋人

パリの恋人

2004年度の11月から韓国にて高視聴率をマークした超大人気ドラマ「パリの恋人」の前半を収めたDVD-BOX作品である。

最高視聴率57・4%、平均視聴率も驚愕の40%を軽々と飛び越え、まさしく韓国でさまざまな社会現象化した超人気ドラマである。

ストーリーは以下の通りである。

パリの町並みの中にある、とあるフランス語学校がストーリーの舞台。ある1人の留学生ことカン・テヨン(キム・ジョンウン)がヒロイン・・フランス語学校に通うまでは良かったが、極めて貧乏で一文無しなのであった。

そんな貧乏留学生のカン・テヨンであったのだが、さらに追い打ちをかけるべく唯一の収入源のアルバイトも解雇され、新しい仕事探すこととなった。そこで奇遇にも目に付いた仕事は、最高級アパートのハウスキーパーの募集だった。

そして彼女は、ハウスキーパーの仕事をして行くうちに、最高級アパートの家主の財閥2世でもあるハン・ギジュ(パク・シニャン)と知り合い、やがて2人の関係はハウスキーパーと家主の枠を飛び越え互いに惹かれあうのであった。

そこへ家主の財閥2世であるハン・ギジュを実の兄弟の兄のように慕っている、ユン・スヒョク(イ・ドンゴン)が現れ、ヒロインの留学生を彼も惹かれて愛してしまうのであった。気になる3角関係の結末はいかに.。ぜひ、韓流ドラマのファンでなくても韓国の国民的ドラマを楽しんでもらいたい。

Lesson 1

Lesson 1

CD「lesson 1」はE-girlsの、待望の1stアルバムである。

E-girlsは2011年12月にsingle「Celebration!」でデビューした、EXILEの妹分として活躍しているアイドルグループで、今人気急上昇中である。

このアルバムには全14曲が収録されている。彼女達のデビュー曲はもちろん、オリコンウィークリーチャート2位を獲得した「Follow me」、月9ドラマのタイアップ曲となった「THE NEVER ENDING STORY ~君に秘密を教えよう~」などヒット曲5曲ほか、未発表曲が9曲も収められている。

聞いたことがある曲や、新たに聴く曲がたっぷりと入っていて、かなり楽しめる内容となっているといえるだろう。また、E-girlsは楽曲のイメージに合わせてメンバーを選抜して1曲1曲を作っているので、それぞれの楽曲によって印象が大分変わるのもまた新鮮でいい。

今勢いに乗っている彼女達の、本格的な歌が楽しめる作品となっているので、様々な人にぜひ聴いてもらいたい一作品となっている。

まだあまり彼女達を知らない人も、魅力が詰まったこのCDを聴けばE-girlsを好きにならずにはいられないだろう。

きいろいゾウ

きいろいゾウ

このラブストーリーは、宮崎あおいさんと向井理さんが自ら、出演を熱く希望し実現し初共演となった映画。

特に小説『ツマ』役を、いつの日か演じてみたいと強く熱望し、小説に募る思いを寄せていた、宮崎あおいさん。その思いからかなのか、いつもに増しての力の入れようである。その演技力も抜群なセンスな彼女は『ツマ』役を見事に演じきっているのだ。

一方『ムコ』役を演じてるのが向井理さん。某雑誌でオススメの小説として、この作品を紹介していた。自分自身の過去と向き合い対峙する役どころを難無くこなし、その役者魂を果敢なく発揮しているのだ。なおストーリーの内容を大まかに説明すると、こんな感じである。..

運命の出会いを果たし、そしてお互いが意気投合し、すぐに結ばれ結婚となった、妻利愛子-(つまり・あいこ)と無辜歩(むこ・あゆむ)。お互いに『ヒミツ』があったのだが、平凡でのんびりと幸福の毎日を過ごしていた。そんな、ある日のこと無辜歩(むこ・あゆむ)に宛てた差出人不明の1通の手軽が、原因となり二人の関係の歯車がズレ始める..と言った感じである。

小説家-西加奈子の大人気ラブストーリー小説が遂に映画化。

愛し合うことで時にはキズ付き、時には落ち込んだりもする。そんな愛するでの儚さを知る、全ての人々への感動のメッセージ。小説家も女優も俳優も申し分ない。ラブストーリーを書いてもらって演じてもらったら、まさしく理想の映画に仕上がってしまいました的な、そんなオススメなDVD。もちろん愛する人と一緒に観るのもオススメできる仕上がりの作品だ。

初音ミク ライブパーティー2013 in Kansai

初音ミク ライブパーティー2013 in Kansai

海外でも話題となっているバーチャルアイドル 初音ミク。

初音ミク・ライブパーティーは「ミクパ」と呼ばれ、2011年3月に東京で初公演を行うと、その後は札幌、台湾 香港 シンガポールなど8会場で14公演を行い、これまでに約35000人がライブ会場へ足を運び、初音ミクのステージを楽しんだ。

2013年3月には、初の関西公演を和歌山ビッグホエールで開催。その時の模様を収録したのがこの「初音ミク ライブパーティー2013 in Kansai」である。このミクパには、初音ミク 鏡音リン レン KAITO MEIKO 巡音ルカ達が総出演し、ボーカロイドを使用した生演奏でライブパーティーは盛り上がりを見せ、その様子を3時間に渡ってBlu-rayに収録してある。

初回生産の特典としてBlu-rayには、黒いミクパ・スペシャルポーチとパッケージパンフレットが付いている。

また、2012年に行なった台湾・香港でのミクパや、2013年2月の札幌でのミクパから、それぞれセレクトしたステージ映像などを収録した特典ディスクも付いてくる。全面・裏面・背表紙の3面がデザインされた超豪華な三方背BOX仕様となっており、本編ディスク180分・特典ディスク60分の3枚組Blu-rayである。